2012.06.18オープンキャンパス

オープンキャンパス
06 /18 2012
先週の土曜日、オープンキャンパスが行われました。
天気はあいにくの雨・・にもかかわらず、多くの方が見学会に参加してくれました!!

本日の体験学習は「テーピングって何?」ということで
ラグビーとアイススケートチームのスポーツトレーナーもされている渡部先生の授業を体験して頂きました。
SANY0006.jpg
まずはテープの切り方から練習!

その後、テーピングのお話を聞いて実際にチャレンジ。↓
SANY0016.jpg
先輩もフォローしてました。↓
SANY0018.jpg

最後は先生が、ラグビーバージョンで、がちがちに巻いた状態にしてくれました。
SANY0027.jpg
さすが先生で、とっても手際がよく、動画でアップすれば良かったです。

その後、在校生の案内で施設見学。
SANY0029.jpg
SANY0031.jpg
そして、在校生への質問・相談。
SANY0033.jpg

みなさん、学校の様子がとてもよくわかったと言ってくれました。

最後は入試・進路選択のアドバイス。
SANY0038.jpg
「専門学校」に決めるのは「大学」と違って本当に将来が確定されてしまう気がして怖い・・という方も多いと思います。でも、中途半端に進路を決めて進学しても、結局中途半端になってしまう・・。今こそ、きちんと自分の将来について考える時だと思います。「目的をもった進路選択を!」

2012.06.14オープンキャンパス

オープンキャンパス
06 /14 2012
今週末の土曜日 6/16日はオープンキャンパスです。
まだまだ参加者受付中です。特に!「今回はテーピングって何?」というテーマの体験授業があるので、部活やっている方も必見です。

そこで今回、以前もご紹介しましたがまた参考までに埼玉医療福祉専門学校の最寄となる桶川駅から学校までの行き方を説明いたします。

学校周辺図

案内図はこんなかんじで。

まずはJR高崎線を利用して桶川駅まで。

DSCN4041.jpg

自動改札を出て左(←)の西口方面に
(画像が暗い理由は、意外に人が多くて、フラッシュを使うと
ヘンな目で見られそうなんで・・・躊躇しちゃった)

DSCN4042.jpg

DSCN4044.jpg

そのまままっすぐ進むとおけがわマイン(スーパー)なんで、
すぐに左(←)に階段を下ります。

DSCN4046.jpg

階段を下ると(ああ、明るい)正面には三井住友銀行が

DSCN4047.jpg
 
歩道をさらに前方に進み、
埼玉りそな銀行と庄や(居酒屋)の手前の道を左(←)に進みます。

DSCN4048.jpg

DSCN4049.jpg

すると、小さな花壇&プチロータリー?があり、
その道を今度はひたすら直進(↑)します。

どんどん行こう!

DSCN4050.jpg

ちなみに、右手にはビュータワーおけがわが見えてきます。

DSCN4051.jpg

さらに花屋さんも右手に。

DSCN4052.jpg

さらに進むと左手には高崎線が見えてきて、
接骨院も通過します。

DSCN4055.jpg

7~8分直進すると、右手には居酒屋あかべこさんの
看板が見えてその交差点を右(→)に曲がります。

DSCN4056.jpg

DSCN4057.jpg

この交差点は車道がアンダーパスになっています。
右に曲がったら、またひたすら歩くだけ。

DSCN4058.jpg

だんだん学校の黄緑色の屋根が見えてきます。

DSCN4059.jpg

到着です。お疲れ様でした。

DSCN4060.jpg

このルートだとゆっくり歩いて12~3分。
慣れると10分くらいです。
他に住宅街をつっきるショートカットもなくはないのですが、
それは慣れてから、ということで。


2012.06.13卒業生紹介

学校外での活動
06 /13 2012
先日、卒業生が遊びに来てくれました。
会田 直弥
会田 直弥君。今年2011年に本校を卒業しました。

現在は、「リハ倶楽部オアシス」に勤めています。
せっかくなので、いろいろ聞いちゃいました。

○国家試験の勉強は大変でしたか?
→「普通に」やってれば大丈夫。学校で国家試験対策にあてる時間も長いし。
グループワークとかも多く、わからないことはまわりの人に聞けますし、自分が逆に教えてあげることもあって、人に説明することでより深く理解できました。やっぱり、クラスみんな目標が一緒なので環境はすごくよかった。

○今の就職先を選んだ理由は?→病院だと患者さんがすぐ退院していく。でもその後はどうなんだろう?とその後が心配。
だからデイサービスを選びました。ここは在宅の中で生活している方が対象で、リハビリは予防にもいかせる。

僕はリハビリに来る方と、人として向き合っていきたい。
病院によってはどこどこが悪い人というふうに、○○疾患の人と呼ぶところもあるけれど、
その人の家庭環境や生活を意識して、なになにが趣味の○○さんとして、僕は付き合っていきたいです。

○理学療法士になってよかったと思う時は?
→まだなってよかったという実感はないけれど、「その人にとって何が必要か」それを達成できた時だと思います。

2012.06.06先生紹介

学校生活
06 /06 2012
今日は先生のご紹介です。
SANY0005_20120606175104.jpg
2004年の本校の卒業生でもある、増田 岳彦先生です!!

先生に、理学療法士とは?と聞いてみると
「人の可能性を探り、より良い方向へ導くことが出来るかもしれない…
 その結果、人が幸せになるかもしれない…
 人が幸せな生活を送っていけるかもしれない…」
そう考え、 
「理学療法士として・・・知識と技術
 社会人として・・・責任と情熱
 1人の人間として・・・誠実さと思いやり」
をもってベストを尽くすのが理学療法士とこたえてくれました。

saitamairyo

理学療法士を養成している、埼玉県上尾市の4年制(昼間部)・3年制(夜間部)の専門学校です。